ロボカップジュニア和歌山ノード 掲示板

受発光素子基板 - WS05

WS05は、反射光センサ WS08F, WS08E に接続する発光素子と受光素子を取り付けるプリント配線板です。 WS08とは別に定常光反射センサを自分で設計して自作するときにも便利です。
LED電流制限抵抗を付けることもできるので WS10E, WS08S にも使えます。

WS05 WS05写真
◆改良のため基板や印刷の形状が変わることがあります

» 通信販売・製品一覧はこちら

外形・回路

WS05外形図 WS05回路図

使い方

WS05+WS08F

WS08Fにつないだ例です。 WS08Eでも同じです。
同じ記号の端子どうしを4本の電線でつなぎます。

WS10E,WS08S につなぐためには電流制限抵抗R1を追加します。

組み込み方に合わせて、下の写真のように、発光素子・受光素子の取り付け方を選べます。


WS05素子上向き

発光素子・受光素子を上向きに付ける。


WS05素子裏向き

基板の穴を利用して、発光素子・受光素子を裏向きに付ける。


WS05素子横向き

発光素子・受光素子を横向きに付ける。


WS05素子横向き

横向きに付ける場合は両面に付けて、直接光を読まないようにする方が動作が安定します。


端子P1は、組み込み方に合わせて、電線をはんだづけするか、 取り付け場所に合う 2.5mmまたは2.54mmピッチのコネクタを付けてください。

WS05+WS04G WS05+WS04M

改造応用例です。
WS04の発光受光素子を引き出しました。